コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大成宗林 たいじょう そうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大成宗林 たいじょう-そうりん

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越中(富山県)立川寺の大徹宗令(だいてつ-そうれい)の法をつぐ。越中村椿に正脈寺をひらき,のち能登(のと)(石川県)総持寺の住持となった。豊後(ぶんご)(大分県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone