大徹宗令(読み)だいてつ そうれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大徹宗令 だいてつ-そうれい

1333-1408 南北朝-室町時代の僧。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)妙楽寺の無方宗応に師事し,能登(のと)(石川県)総持寺の峨山韶碩(がさん-じょうせき)の印可をうける。美濃(みの)(岐阜県)妙応寺住持となり,越中(富山県)立川寺をひらいた。のち総持寺住持。応永15年1月25日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android