コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大徹宗令 だいてつ そうれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大徹宗令 だいてつ-そうれい

1333-1408 南北朝-室町時代の僧。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)妙楽寺の無方宗応に師事し,能登(のと)(石川県)総持寺の峨山韶碩(がさん-じょうせき)の印可をうける。美濃(みの)(岐阜県)妙応寺住持となり,越中(富山県)立川寺をひらいた。のち総持寺住持。応永15年1月25日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大徹宗令の関連キーワード峨山韶碩(がさんじょうせき)総持寺(横浜市)直庵宗観月江応雲禅室宗案越叟良閩月桂立乗竺山得仙覚巌玄了春巌祖東一天玄清大成宗林室町時代誾堂良誾南北朝正慶