コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大振袖 オオフリソデ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ふりそで〔おほ‐〕【大振袖】

着たときに(たもと)が裾と同じくらいの長さになるように仕立てた着物。若い女性が着る晴れ着

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおふりそで【大振袖】

袖丈の特に長い振袖。江戸中期頃からみられる。現在は未婚女性の礼装用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大振袖の関連キーワード四つ変はり関ヶ原物婚礼衣装腰ばせ中振袖小袖和裁舞妓振袖礼装陰間袖丈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android