コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大掾高幹 だいじょう たかもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大掾高幹 だいじょう-たかもと

?-? 南北朝時代の武将。
常陸(ひたち)大掾。はじめ南朝方に属したが足利尊氏の関東入りに際して尊氏にしたがい,観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年(1351)新田義宗(よしむね)の軍を碓氷(うすい)峠でやぶった。姓は多気とも。名は別に国繁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大掾高幹の関連キーワード南北朝時代多気高幹大掾満幹

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android