コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大文字火 だいもんじび

世界大百科事典 第2版の解説

だいもんじび【大文字火】

京都市東部,左京区如意ヶ岳中にある通称大文字山で8月16日に焚かれる火のこと。盂蘭盆会(うらぼんえ)の送り火(おくりび)(精霊送り火)である。足利義政が創始したものというが,江戸時代初期にはじまったものと思われる。当時,旧暦7月6日に浄土寺村の者が,山から長さ2,3尺ばかりの松の木を切り出し,それを割って16日の晩に持ち上がり,大の字の跡で燃やした。文字は弘法大師の筆とも相国寺横川景三の筆ともいわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大文字火の関連情報