コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大文字火 だいもんじび

1件 の用語解説(大文字火の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいもんじび【大文字火】

京都市東部,左京区如意ヶ岳中にある通称大文字山で8月16日に焚かれる火のこと。盂蘭盆会(うらぼんえ)の送り火(おくりび)(精霊送り火)である。足利義政が創始したものというが,江戸時代初期にはじまったものと思われる。当時,旧暦7月6日に浄土寺村の者が,山から長さ2,3尺ばかりの松の木を切り出し,それを割って16日の晩に持ち上がり,大の字の跡で燃やした。文字は弘法大師の筆とも相国寺横川景三の筆ともいわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大文字火の関連キーワード左京区大文字山吉田山瓜生山永観堂黒谷施火芹生如意ヶ岳岡崎動物園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大文字火の関連情報