コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙法 みょうほうsaddharma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙法
みょうほう
saddharma

仏教用語。霊妙不可思議な法の意。仏法を形容する語。また『妙法蓮華経』の略称として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みょう‐ほう【妙法】

(メウハフ) 巧妙な手段。うまい方法。「奇手妙法
(メウホフ) 言葉では言いつくせない、意味の深い教えである仏法。また、妙法蓮華経(法華経)のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうほう【妙法】

〔歴史的仮名遣い「めうはふ」〕 うまい方法。
〔歴史的仮名遣い「 めうほふ」〕 〘仏〙
最もすぐれた正しい教え。特に仏の教えのこと。
「法華経」の教えのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

妙法の関連キーワード愛知県名古屋市南区笠寺町千葉県夷隅郡大多喜町筒森仏教混交サンスクリット妙法院宮真仁法親王妙法院宮尭恭法親王妙法院宮尭仁法親王滋賀県長浜市大宮町妙法院宮教仁法親王茨城県桜川市本郷妙法院尭然法親王静岡県富士市今井南無妙法蓮華経尭恕入道親王本門の題目本門の戒壇観心本尊抄十界曼荼羅法華玄義桜井錦洞法華文句

妙法の関連情報