コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本近世史料 だいにほんきんせいしりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本近世史料
だいにほんきんせいしりょう

日本史のなかでも近世の歴史,地誌全体にわたる史料集。東京大学史料編纂所編。第2次世界大戦後,近世史料部が発足してから刊行され,次の史料が出されている。上田藩村明細帳 (3巻) ,肥後藩人畜改帳 (5巻) ,唐通事会所日録 (7巻) ,小倉藩人畜改帳 (5巻) ,柳営補任 (8巻) ,諸宗末寺帳 (2巻) ,諸問屋再興調 (15冊) は完結しているが,市中取締類集 (14冊) ,幕府書物方日記 (14冊) ,細川家史料 (7冊) ,編脩地誌備用典籍解題 (5冊) は 1993年現在も刊行中である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大日本近世史料の関連キーワード加田屋助右衛門家数人馬改帳網屋市郎兵衛伊東 多三郎伊東多三郎書物奉行

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android