コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕府書物方日記 ばくふしょもつかたにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幕府書物方日記
ばくふしょもつかたにっき

江戸幕府書物奉行の勤務日誌。 255冊。宝永3 (1706) 年より安政4 (1857) 年まで,中間に欠ける年代はあるが,152年間の記録である。国立公文書館所蔵。一貫する原題はなく,「留書」「留帳」などと記されていることもあるが,江戸時代末期になってから表紙を付して「日記」としたのであろう。この日記は,書物奉行の勤務申送り帳の性格をもつとともに,紅葉山文庫の図書受入簿や出納簿の役割を果しており,江戸幕府の学事関係を知るうえで重要な史料。東京大学史料編纂所より『大日本近世史料』として 1993年現在 18冊まで刊行

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android