コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大昭和製紙[株] だいしょうわせいし

1件 の用語解説(大昭和製紙[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大昭和製紙[株]【だいしょうわせいし】

独立系大手製紙メーカー。1927年昭和製紙が創業。1938年昭和製紙が大正工業等4社を合併し,現社名に改称。戦後の紙需要の下,オーナー・斎藤家の積極経営で急成長を果たすが,経営危機に陥りメインバンクの住友銀行により再建。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の大昭和製紙[株]の言及

【紙・パルプ工業】より

…製紙メーカー各社はいっせいに設備の増強に動き,生産高も増加して53年には176万2000tに達し,戦前水準を回復した。この間,販売競争が激化し,設備拡張競争が起こったが,これは安定勢力を失ったためであるが,国策パルプ工業(創立1938年6月,72年山陽パルプと合併し山陽国策パルプに,93年,十条製紙と合併し日本製紙となった),大昭和製紙(同1938年9月)といった新興企業が台頭し,紙の生産は戦前の集中から分散へと向かった。また,紙の生産高増加にともなって,原木の入手が難しくなった。…

※「大昭和製紙[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大昭和製紙[株]の関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone