コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住友銀行[株] すみともぎんこう

百科事典マイペディアの解説

住友銀行[株]【すみともぎんこう】

旧大手都市銀行。1895年別子(べっし)銅山の資金供給機関として設立,1912年株式会社に改組。典型的な産業銀行として住友系企業(住友財閥参照)への融資の比重がきわめて高く,堅実な経営で知られた。
→関連項目近畿銀行[株]住金物産[株]大昭和製紙[株]大和証券グループ本社[株]日本総合研究所[株]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すみともぎんこう【住友銀行[株]】

都市銀行のトップクラスで,収益力では首位。本店大阪市中央区。17世紀の前半から京都で銅商泉屋として金融活動に携わったことが淵源で,明治維新で中断したが,1875年(明治8)併合業(商品担保金融)を開始,順調に発展した。90年銀行条例公布を機に95年住友吉左衛門の個人経営による住友銀行が設立され,1912年に改組して株式会社住友銀行となった。同年六十一銀行をはじめとして中小銀行をつぎつぎと買収して業容の拡大を図った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

住友銀行[株]の関連キーワード大和証券グループ本社[株]大和証券グループ本社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android