住友銀行[株](読み)すみともぎんこう

  • 住友銀行

百科事典マイペディアの解説

旧大手都市銀行。1895年別子(べっし)銅山の資金供給機関として設立,1912年株式会社に改組。典型的な産業銀行として住友系企業(住友財閥参照)への融資の比重がきわめて高く,堅実な経営で知られた。1945年池田実業,阪南の2銀行,1965年河内銀行,1986年平和相互銀行を合併。他行に先駆けて米国(サンフランシスコ,ハワイ)に支店を出すなど海外戦略がすぐれていた。また住友商法と呼ばれるような合理的な経営で知られる住友グループ白水会の中核銀行であった。バブル崩壊で不良債権がふくらみ,1999年3月政府による公的資金約5000億円を導入。2001年4月,さくら銀行と合併,三井住友銀行となる。
→関連項目近畿銀行[株]住金物産[株]大昭和製紙[株]大和証券グループ本社[株]日本総合研究所[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

都市銀行のトップクラスで,収益力では首位。本店大阪市中央区。17世紀の前半から京都で銅商泉屋として金融活動に携わったことが淵源で,明治維新で中断したが,1875年(明治8)併合業(商品担保金融)を開始,順調に発展した。90年銀行条例公布を機に95年住友吉左衛門の個人経営による住友銀行が設立され,1912年に改組して株式会社住友銀行となった。同年六十一銀行をはじめとして中小銀行をつぎつぎと買収して業容拡大を図った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android