コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸紅[株] まるべに

百科事典マイペディアの解説

丸紅[株]【まるべに】

1858年伊藤忠兵衛が創業,繊維問屋として発展した商社。5大商社の一角を占め,芙蓉グループの中核企業。第2次大戦中三興,大建産業に統合され,1949年分離して丸紅設立,1955年高島屋飯田と合併し丸紅飯田と称した。1972年現社名に変更。戦後,金属・機械部門などの強化を図り総合商社化。紙パルプ,機械,プラント,化学などの分野で強い。2000年自由化された電力の小売り事業にも参入。本社東京・大阪。2011年資本金2626億円,2011年3月期売上高9兆204億円。売上構成(%)は,エネルギー27,食料20,金属10,化学品9,輸送機8,紙パルプ6,その他20。
→関連項目伊藤忠商事[株]総合商社大昭和製紙[株]ロッキード事件

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まるべに【丸紅[株]】

総合商社。芙蓉グループ(富士銀行を中心とする企業集団)の中核商社。本社大阪市中央区。1858年(安政5)近江出身の初代伊藤忠兵衛による行商が丸紅の創業とされており,もとをたどればライバル伊藤忠商事とは兄弟会社である。初代忠兵衛の事業は発展拡大し,1914年伊藤忠合名会社となり,18年には呉服反物,洋反物,京呉服を取り扱う(株)伊藤忠商店と綿糸布取引や輸出入を営む伊藤忠商事(株)とに分かれた。この伊藤忠商店と伊藤長兵衛商店(1872年忠兵衛の兄長兵衛が創業した呉服卸商)とが合体して21年(株)丸紅商店が設立され,第2次大戦中は伊藤忠商事(株)や(株)呉羽紡績と合併して三興(株),大建産業(株)となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

丸紅[株]の関連キーワード大昭和製紙

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android