大木 正夫(読み)オオキ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

大木 正夫
オオキ マサオ

昭和期の作曲家



生年
明治34(1901)年10月3日

没年
昭和46(1971)年4月18日

出生地
静岡県磐田郡中泉町

学歴〔年〕
大阪高工応用化学科〔大正11年〕卒

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞奨励賞〔昭和28年〕「交響的変奏曲原爆の図』によせて」

経歴
会社勤め、女学校教諭を経て、作曲に専念するため上京、石川義一に師事したほか、独学で管弦楽曲の作曲に取り組んだ。昭和5年小松平五郎主宰の国民音楽協会で交響的作品を発表、6年自作管弦楽作品発表会を開いた。8年黎明作曲家同盟を結成、主宰して社会主義的な作品を書き、次いで日本古典や東洋的文化に根ざした民族的作曲を続けた。戦後再び社会主義的な思想と人間性を強調したもの、原爆の悲惨さを訴える管弦楽曲やカンタータを作曲した。45年ベトナム戦争下の北ベトナムを訪問した。代表作は管弦楽のための組曲「五つのお伽話」「交響悲歌1953年」「人間をかえせ1・2」「交響曲第6番ベトナム」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大木 正夫 (おおき まさお)

生年月日:1901年10月3日
昭和時代の作曲家
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android