コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村福吉 おおむらの ふくよし

2件 の用語解説(大村福吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村福吉 おおむらの-ふくよし

?-? 平安時代前期の医師。
「続(しょく)日本後紀」によれば,武内宿禰(たけしうちのすくね)の支流で,瘡病(そうびょう)の治療にすぐれていたという。丹波の人。外従五位下,右近衛(うこんえ)の医師であった承和(じょうわ)2年(835)紀宿禰の氏姓をあたえられた。仁明(にんみょう)天皇の寵愛(ちょうあい)をうけ,勅命により「治瘡記」をあらわした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大村福吉

生年:生没年不詳
平安前期の医官。『続日本後紀』承和2(835)年10月4日条に記事があり,それによれば,丹波国の人で,当時は右近衛医師・外従五位下の位にあり,同族の者と共に計5人が紀宿禰姓を賜った。武内宿禰の支流であるという。また,瘡(外科・皮膚科疾患)の治療術に精通すること他の医師の追従を許さず,仁明天皇の寵愛を得て居宅を賜り,命を受けてその治療の口訣(口授の秘伝)により『治瘡記』を選したとある。この書は日本最古の外科治療書と目されるが,古くに失われて今日その内容をうかがうことはできない。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大村福吉の関連キーワード続日本後紀日本後紀六国史県犬養貞守朝原岡埜紀馬主島田清田直世王文室秋津源多

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone