大森 敬堂(読み)オオモリ ケイドウ

20世紀日本人名事典の解説

大森 敬堂
オオモリ ケイドウ

明治期の日本画家



生年
明治9年1月16日(1876年)

没年
明治44(1911)年6月14日

出生地
東京

本名
大森 新之助

学歴〔年〕
東京美術学校日本画科〔明治32年〕卒

主な受賞名〔年〕
パリ万国博覧会銅賞〔明治33年〕「湖水

経歴
日本画家・川端玉章に師事し、円山派の画風を学ぶ。東京美術学校日本画科在学中から日本青年絵画協会展などに出展。明治30年には日本絵画協会主催の第2回絵画共進会に「月」を出品し、入選。同校卒業後の33年に平福百穂・福井江亭ら新進の日本画家たちと无声会を結成し、写実的な新しい画風を模索した。同年「湖水」でパリ万国博覧会の銅賞を受賞。40年文展の開設に際して旧派の画家で組織された正派同志会に参加し、評議員に就任。また日本画会でも評議員を務めた。作品は他に「朧月白鷺」「錦魚」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android