コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江嘉言 おおえの よしとき

2件 の用語解説(大江嘉言の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江嘉言 おおえの-よしとき

?-? 平安時代中期の歌人。
大江仲宣(なかのぶ)の子。文章生(もんじょうしょう),弾正少忠をへて寛弘(かんこう)6年(1009)対馬守(つしまのかみ)となり,7年ごろ任地で死去した。中古三十六歌仙ひとりで,東宮帯刀陣(たちはきのじん)歌合などに参加。「拾遺和歌集」などの勅撰集に29首がえらばれている。一時,弓削(ゆげ)を名のった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大江嘉言

没年:寛弘7?(1010)
生年:生年不詳
平安時代の歌人。仲宣の子。文章博士以言の弟。父や兄と共に一時弓削姓を称したがのちに復姓。文章生出身で,弾正少忠などを経て対馬守となり任地で没した。藤原長能,能因などと親しく,安法の住む河原院にも出入りした。『拾遺集』以降の変革期に新しい風情を求めた歌人のひとりで,その歌には,文章道出身の大江家の人にふさわしく漢詩の表現をあらたに取り入れたものも多い。『拾遺集』以下の勅撰集に入集。家集『大江嘉言集』がある。<参考文献>福井迪子『一条朝文壇の研究』,川村晃生「大江嘉言の和歌」(『国語と国文学』1982年7月号),同「大江嘉言の和歌追考」(『和歌文学研究』47号)

(山本登朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江嘉言の関連キーワード唐橋在数文章博士大江以言菅原孝標藤原家経藤原実範藤原茂明藤原光経(1)三統元夏三善道統

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone