コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津時隆 おおつ ときたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津時隆 おおつ-ときたか

?-? 戦国時代の武士。
徳川家康の家臣。永禄(えいろく)6年(1563)三河(愛知県)の一向一揆(いっき)にくわわり家康にそむくが,翌年降伏。剛勇で知られ,三河吉田の戦い,遠江(とおとうみ)(静岡県)小山の戦いで功をたてた。のち家康のもとをはなれ,武蔵(むさし)にうつった。通称は土左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大津時隆の関連キーワード戦国時代徳川家康

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android