コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洲半紙 オオズバンシ

デジタル大辞泉の解説

おおず‐ばんし〔おほず‐〕【大×洲半紙】

大洲市付近で生産される半紙ミツマタ原料とする薄手のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大洲半紙の言及

【伊予紙】より

…あらい簀(す)と細かい簀で同時にすき,すぐに1枚にすき合わせて,たいへんに強靱(きようじん)な紙にするのが特色である。大洲藩の厚くて幅の広い大洲半紙は,佐藤信淵が賞賛したものであった。現在,喜多郡五十崎(いかざき)町ではミツマタの大洲改良紙,楮(こうぞ)紙,障子紙,書道半紙等がすかれており,この大洲和紙は伝統的工芸品に指定されている。…

※「大洲半紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大洲半紙の関連キーワード大洲(市)内子(町)大洲市伊予国内子町五十崎伊予紙大洲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android