大浜 安伴(読み)オオハマ アンパン

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

大浜 安伴
オオハマ アンパン


職業
民謡歌手

専門
八重山古典民謡

肩書
沖縄県指定無形文化財保持者

生年月日
大正1年 10月4日

出生地
沖縄県 八重山郡石垣

経歴
昭和4年八重山古典民謡の正統な伝承系譜に連なる天久用立に入門。22年八重山南海時報社主催第1回八重山全島トバラーマ大会で優勝。29年ラジオ開局とともに電波に乗せて、民謡の発掘、普及に尽力。49年「全曲レコード付八重山古典民謡全集」を出版した。一方、研究所を開き後進の指導にあたり、多くの優れた師弟を育成した。著書に「八重山民謡三味線工工四」「声楽譜附八重山古典民謡工工四」などがある。

受賞
勲五等瑞宝章 八重山毎日文化賞,沖縄県功労者表彰

没年月日
平成13年 3月5日 (2001年)

家族
妻=大浜 みね(民謡歌手)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android