コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦ごぼう

デジタル大辞泉プラスの解説

大浦ごぼう

千葉県匝瑳市で生産されるゴボウ成田山新勝寺で供される精進料理の食材として栽培され、通常一般には出回らない。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大浦ごぼう[根菜・土物類]
おおうらごぼう

関東地方、千葉県の地域ブランド。
匝瑳市大浦地区で生産されている。巨大なごぼうで、収穫は11月。成田山新勝寺との契約栽培であるため、毎年成田山新勝寺のみに奉納される。全国から参詣に訪れる信徒へ出す精進料理の縁起物として珍重されている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

大浦ごぼうの関連キーワード千葉県匝瑳市関東地方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android