成田山新勝寺(読み)なりたさんしんしょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成田山新勝寺
なりたさんしんしょうじ

千葉県成田市にある真言宗智山派の大本山成田不動ともいう。寛朝によって天慶3(940)年創設された。本尊嵯峨天皇勅願により空海が刻したという不動明王。以後,鎮護国家霊場としてしだいに隆盛し,皇室とも関係があった。元禄年間には中興の照範が本堂などを建立,整備し,明治に入り照輪のときに今日の成田山の基礎が築かれた。1963年からの改築により,1967年新本堂が完成した。光明堂,釈迦堂,三重塔,仁王門額堂が国の重要文化財指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

成田山新勝寺

不動明王を本尊とする真言宗智山派の大本山で、940(天慶3)年に開山。広大な境内は約6万坪ある。正月三が日で、初詣に約300万人が訪れる。歌舞伎の市川団十郎家が代々信仰することでも知られる。

(2013-10-03 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成田山新勝寺の関連情報