大浦権太夫(読み)おおうら ごんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大浦権太夫 おおうら-ごんだゆう

?-1665 江戸時代前期の武士。
対馬(つしま)(長崎県)府中藩士。万治(まんじ)元年藩主宗義真(そう-よしざね)に抜擢され,4ヵ年計画で藩財政の改革にあたる。総検地をおこない,土地の公領化,禄制の改革などをすすめたが,藩士のつよい反発により罪をえて,寛文5年2月9日処刑された。名は成友。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android