大浦遠(読み)おおうら とおし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大浦遠 おおうら-とおし

1813-1865* 江戸時代後期の武士。
文化10年1月生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩士。文政13年書史となり朝鮮通信使の事務を担当。万延元年藩主嫡男の守役,のち側用人。文久2年江戸で家老佐須伊織の殺害にくわわる。元治(げんじ)元年藩校日新館の学頭。同年尊攘(そんじょう)派として,佐幕派の勝井五八郎によって配流され12月25日殺された。52歳。名は守道。字(あざな)は伊簡。通称は別に徳之進。号は適安斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android