コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学頭 ガクトウ

デジタル大辞泉の解説

がく‐とう【学頭】

学校長。または、首席の教師。
「藩の学問所の―をした人の嗣(あと)で」〈啄木・道〉
一宗の学問の統轄者。奈良時代、各宗に大学頭・小学頭があり、のち延暦寺園城寺などにも一人置かれた。
勧学院の職員。学生の中から才学のすぐれた者を任命した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がくとう【学頭】

学校長、または首席の教師。 「校中より-並に校監を撰挙するの権を許す/西洋聞見録 文夫
勧学院の職員。別当の次位。学生がくしようの中で優秀な者が選ばれた。
大寺院で学事を統括する僧。学頭職。 「比叡の山の-西堂桜本の僧正/義経記 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

学頭の関連キーワードアレクサンドロス[アフロディシアス]ディオゲネス[セレウケイア]クラテス[タルソス]湯の川温泉(島根県)クラテス[アテネ]クレイトマコスペリパトス学派アンドロニコステオフラストスクセノクラテス新アカデメイア古アカデメイアスペウシッポスクリュシッポススティルポンディオゲネス朝野旧聞裒藁学問所勤番井深梶之助ストラトン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学頭の関連情報