学頭(読み)ガクトウ

デジタル大辞泉の解説

がく‐とう【学頭】

学校長。または、首席の教師。
「藩の学問所の―をした人の嗣(あと)で」〈啄木・道〉
一宗の学問の統轄者。奈良時代、各宗に大学頭・小学頭があり、のち延暦寺園城寺などにも一人置かれた。
勧学院の職員。学生の中から才学のすぐれた者を任命した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくとう【学頭】

学校長、または首席の教師。 「校中より-並に校監を撰挙するの権を許す/西洋聞見録 文夫
勧学院の職員。別当の次位。学生がくしようの中で優秀な者が選ばれた。
大寺院で学事を統括する僧。学頭職。 「比叡の山の-西堂桜本の僧正/義経記 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐とう【学頭】

〘名〙
① (「学道の頭領」の意) 諸大寺、諸社の学事を統轄するもの。古く延暦寺、園城寺などにそれぞれ一人を置き、僧綱に任じた。のち叡山の三塔にそれぞれ置き、その他関東の日光山修学院および東叡山凌雲院、南都の薬師寺、高野山の無量寿院および宝性院などに、広く置くようになった。学頭衆(がくとうしゅ)
※霊異記(810‐824)中「爰に六宗の学頭の僧等、集ひ会して怪しび」
② 勧学院の学生(がくしょう)代表者格の者。学生の中から才学すぐれた者を選抜した。
※天祿三年規子内親王前栽歌合(972)「がくたうためつねして、今日の事を書き置かせたまふ」
③ 学校長、または首席の教師。
※和蘭学制(1869)〈内田正雄訳〉中学条例「上等平人学校及農学校入門の規則、学頭、教官の職業」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学頭の関連情報