コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大淵棟庵 おおふち とうあん

1件 の用語解説(大淵棟庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大淵棟庵 おおふち-とうあん

1816-1889 江戸後期-明治時代の医師,本草家。
文化13年生まれ。江戸の人。博物学を祖父栗本瑞仙院にまなぶ。幕府医官となり,元治(げんじ)元年侍医。明治15年栗本鋤雲(じょうん)らと温知社薬物会をひらき,20年には博物の集まり多識会にくわわった。明治22年5月22日死去。74歳。名は常範(つねのり)。字(あざな)は孟鴻。通称は祐玄。著作に「麞麝考(しょうじゃこう)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大淵棟庵の関連キーワードボップマリア[1世]高山陣屋跡ナポリ王国ヘーゲル(年譜)饗庭篁村広島(市)菊池徳子斎藤宜義黒住教

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone