大湯女(読み)おおゆな

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ゆな おほ‥【大湯女】

〘名〙 年増(としま)の湯女(ゆな)。摂津国(兵庫県)有馬温泉での称が著名。⇔小湯女(こゆな)
※浄瑠璃・百合若大臣野守鏡(1711頃)二「大ゆな・小ゆな多き中に、わけて名だかき松が枝とて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android