コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年増 としま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年増
としま

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『花翫暦色所八景 (はなごよみいろのしょわけ) 』。3世桜田治助作詞,5世岸沢式佐作曲。天保 10 (1839) 3月江戸中村座で2世藤間勘十郎の振付で,4世中村歌右衛門が初演した。江戸八景の八変化舞踊の一つ。前の助六扮装から早替りで,駕籠の中からあだな囲い者となって出る。ところは,晩鐘の鳴る夕刻の隅田堤。もとは芸者で,いまは妾の年増女が,深川芸者の頃のだんなとの思い出を仕方噺でみせる。近世後期の所作事のなかでは,『文売り』 (文政3〈1820〉) とともに噺の芸で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

としま【年増】

歌舞伎舞踊の曲名。常磐津。1839年(天保10)3月,江戸中村座で4世中村歌右衛門により初演。八変化所作事《花翫暦色所八景(はなごよみいろのしよわけ)》の一曲。作詞3世桜田治助。作曲5世岸沢式佐。振付2世藤間勘十郎。舞台は,桜散る向島の土手。駕籠から出た年増は,深川芸者上がりの囲い者という設定で,今の男を他の芸者と張り合ったいきさつを1人で描く。この〈しゃべり〉と呼ばれる仕方話が特色で,あだな風情のもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

としま【年増】

娘盛りを過ぎて少し年を取った婦人。近世には二〇歳前後をさしたが現代では三〇~四〇歳くらいをいうなど、年齢は時代によって若干前後する。 → ちゆう年増 ・おお年増

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年増の関連情報