コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年増 としま

4件 の用語解説(年増の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年増
としま

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『花翫暦色所八景 (はなごよみいろのしょわけ) 』。3世桜田治助作詞,5世岸沢式佐作曲。天保 10 (1839) 年3月江戸中村座で2世藤間勘十郎の振付で,4世中村歌右衛門が初演した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とし‐ま【年増】

娘盛りを過ぎた女性。一般に30歳代半ばから40歳前後までの女性をいう。江戸時代には20歳前後を年増、20歳を過ぎてから28、9歳ぐらいまでを中年増、それより上を大年増といった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

としま【年増】

歌舞伎舞踊の曲名。常磐津。1839年(天保10)3月,江戸中村座で4世中村歌右衛門により初演。八変化所作事《花翫暦色所八景(はなごよみいろのしよわけ)》の一曲。作詞3世桜田治助。作曲5世岸沢式佐。振付2世藤間勘十郎。舞台は,桜散る向島の土手。駕籠から出た年増は,深川芸者上がりの囲い者という設定で,今の男を他の芸者と張り合ったいきさつを1人で描く。この〈しゃべり〉と呼ばれる仕方話が特色で,あだな風情のもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

としま【年増】

娘盛りを過ぎて少し年を取った婦人。近世には二〇歳前後をさしたが現代では三〇~四〇歳くらいをいうなど、年齢は時代によって若干前後する。 → ちゆう年増 ・ おお年増

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年増の関連キーワード盛り盛り時育ち盛り日盛り娘盛り愛盛り品者伸盛り花の盛り盛り付け

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年増の関連情報