コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大瀬休左衛門 おおせ きゅうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大瀬休左衛門 おおせ-きゅうざえもん

1621-1700 江戸時代前期の農民。
元和(げんな)7年生まれ。大隅(おおすみ)(鹿児島県)種子島の人。元禄(げんろく)11年琉球(りゅうきゅう)国王から島主種子島久基におくられた甘藷(かんしょ)をあずかり,栽培に成功した。のちに薩摩芋(さつまいも)の名で全国にひろまった。元禄13年4月13日死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大瀬休左衛門の関連キーワード元和

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android