コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大瀬休左衛門 おおせ きゅうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大瀬休左衛門 おおせ-きゅうざえもん

1621-1700 江戸時代前期の農民。
元和(げんな)7年生まれ。大隅(おおすみ)(鹿児島県)種子島の人。元禄(げんろく)11年琉球(りゅうきゅう)国王から島主種子島久基におくられた甘藷(かんしょ)をあずかり,栽培に成功した。のちに薩摩芋(さつまいも)の名で全国にひろまった。元禄13年4月13日死去。80歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大瀬休左衛門の関連キーワード元和

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android