薩摩芋/甘藷(読み)サツマイモ

デジタル大辞泉の解説

さつま‐いも【×薩摩芋/甘藷】

ヒルガオ科の蔓性(つるせい)の多年草。地をはう茎の節から根が伸び、地中に大きい塊根をつくる。夏、アサガオに似た小花を開く。塊根を、食用のほかでんぷんアルコールの原料にする。熱帯アメリカの原産で、日本には17世紀に伝わり、薩摩地方でよく栽培され、青木昆陽が普及に努めた。多くの品種がある。かんしょ。からいも。とういも。琉球いも。 秋 花=夏》「洗はれて紅奕々(えきえき)と―/草城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さつまいも【薩摩芋】

ヒルガオ科のつる性多年草。中米原産。中国・沖縄を経て、一七世紀日本に渡来。一八世紀には、青木昆陽が救荒作物として普及させた。茎は赤紫色を帯び、卵心形の葉を互生。夏、ヒルガオに似た花を開く。根の一部は肥大して塊根(芋)となる。食用のほか、デンプン・ブドウ糖・アルコール・焼酎しようちゆうなどの原料とする。キントキなど品種が多い。唐芋からいも。琉球薯りゆうきゆういも。甘藷かんしよ[季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android