コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大瀬 おおせ

大辞林 第三版の解説

おおせ【大瀬】

サメ目の海魚。全長1メートルに達する。体は平たく、頭に肉質の突起がある。濃淡の褐色による複雑な紋様が迷彩色となる。卵胎生。本州中部以南に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大瀬 (オオセ)

学名:Orectolobus japonicus
動物。テンジクザメ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

大瀬の関連キーワード長崎県西海市大瀬戸町瀬戸西濱郷エジソンミュージアム 森林館長崎県五島市玉之浦町玉之浦静岡県沼津市西浦江梨新兵隊やくざ 火線愛媛県喜多郡内子町大瀬崎(長崎県)日野川(福井県)大瀬崎(静岡県)リュウガヤスデヘルバルト学派玉之浦〈町〉大瀬 しのぶ引手力命神社12月24日高千穂ひづる内子(町)林藤左衛門西海[市]延岡(市)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大瀬の関連情報