大炊御門殿(読み)おおいのみかどどの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大炊御門殿
おおいのみかどどの

平安京の大炊御門大路(現在は京都市中京区)に面した邸宅。大内裏を東西に横切るこの大路のうち、郁芳(いくほう)門(大炊御門)に続く東側では大路に面していくつもの里内裏、院の御所、貴族の大邸宅があり大炊御門殿、大炊殿とよばれたものが多い。おもなものをあげると、(1)大炊御門北東洞院西。藤原基忠(もとただ)邸。1104年(長治1)源国明が造営して白河(しらかわ)上皇御所とし、のちに鳥羽(とば)天皇内裏となる。(2)大炊御門北東洞院東。1112年(天永3)前記御所を解体し、東隣に藤原忠隆(ただたか)が造営、鳥羽天皇内裏となる。(3)大炊御門北富小路西。藤原経宗(つねむね)領。のちに後白河院(ごしらかわいん)領となり、さらに皇女式子(しきし)内親王御所となる。1198年(建久9)以来、土御門(つちみかど)、順徳(じゅんとく)天皇の内裏、後鳥羽(ごとば)、土御門、順徳上皇の御所となった。ほかに藤原師実(もろざね)邸(白河上皇御所、堀河(ほりかわ)天皇内裏)、藤原長実(ながざね)邸(白河法皇御所)、後鳥羽上皇御所、藤原頼長(よりなが)邸などがあった。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android