大炊殿(読み)オオイドノ

  • おおいどの おほひ‥
  • おおいどの〔おほひ〕
  • 大▽炊殿

大辞林 第三版の解説

貴族などの邸宅で食物を調理する建物。 後のかたなる-と覚しき屋に移し奉りて/源氏 明石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 天皇や貴人の食事を調理する場所。
※常陸風土記(717‐724頃)行方「膳炊屋舎(おほひどの)を浦浜(うらべ)に構へ立て、(はしぶね)を編みて橋と作(な)して、御在所(みましどころ)に通ひき」
② 寝殿造りの一部で、食物を調理するための建物。また、一般に、飯を炊くところ。台所。〔西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大炊殿の関連情報