コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源国明 みなもとの くにあき

2件 の用語解説(源国明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源国明 みなもとの-くにあき

1064-1105 平安時代後期の官吏。
康平7年生まれ。若狭守(わかさのかみ)藤原師基の子。源俊明(としあきら)の養子。白河上皇の院別当をつとめた近臣で,備前(びぜん),伊予(いよ)などの国守を歴任。正四位上にすすみ,内蔵頭(くらのかみ)となった。長治(ちょうじ)2年4月17日死去。42歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源国明

没年:長治2.4.17(1105.6.1)
生年:康平7(1064)
平安後期の貴族。若狭守藤原師基と備前守源定良の娘の子。大納言源俊明 の養子となり,源姓を名乗る。白河院庁執行別当。院の近臣受領として,越後,備前,伊予などの国司を歴任した。極官は内蔵頭であった。

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

源国明の関連キーワード源国明ハインリヒ[4世]広島市内の土砂災害警戒区域都立高校入試の採点ミスイブンハズム金点久多荘名手荘

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone