コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石久子 おおいし ひさこ

1件 の用語解説(大石久子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石久子 おおいし-ひさこ

壺井栄の小説「二十四の瞳」主人公
昭和3年春,瀬戸内海の島の岬の分教場に赴任し,1年生12人をうけもち,小柄で「小石先生」としたしまれる。怪我で本校勤務後結婚。夫の戦死で2人の子をかかえ,戦後ふたたび岬の分校につとめる。教え子たちは3人が戦死,1人が盲目となっていた。昭和27年「ニューエイジ」連載。木下恵介監督,高峰秀子主演で映画化された。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大石久子の関連情報