コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石久子 おおいし ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石久子 おおいし-ひさこ

壺井栄の小説「二十四の瞳」の主人公。
昭和3年春,瀬戸内海の島の岬の分教場に赴任し,1年生12人をうけもち,小柄で「小石先生」としたしまれる。怪我で本校勤務後結婚。夫の戦死で2人の子をかかえ,戦後ふたたび岬の分校につとめる。教え子たちは3人が戦死,1人が盲目となっていた。昭和27年「ニューエイジ」連載。木下恵介監督,高峰秀子主演で映画化された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大石久子の関連キーワード二十四の瞳壺井栄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android