怪我(読み)ケガ

デジタル大辞泉の解説

けが【怪我】

[名](スル)《「怪我」は当て字で、動詞「けがる」の語幹からかという》
あやまってからだに傷を負うこと。また、その傷。負傷。
思わぬ過ち。過失。損失。「慣れないことに手を出して怪我をする」
思いがけない事態。不測の結果。
「―と申しながら、面目もござない」〈咄・きのふはけふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けが【怪我】

( 名 ) スル
不注意・不測の事態などのため、身体を傷つけること。また、その傷。 「足を-する」
過失。欠点。 「一座のさばき終に-を見付ず/浮世草子・一代男 6
思いがけない事態。偶然。 「 -のはづみ/浄瑠璃・新版歌祭文」 〔「怪我」は当て字〕 → 怪我な怪我に
[句項目] 怪我の功名

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪我の関連情報