怪我(読み)けが

精選版 日本国語大辞典「怪我」の解説

け‐が【怪我】

〘名〙 (「怪我」はあて字で、「けがる」の語幹かというが未詳)
① あやまちをしでかすこと。そそうをすること。また、その事柄。あやまち。過失。
※御伽草子・酒呑童子(室町末)「心ゆるしてけがするな」
※浮世草子・好色一代男(1682)六「一座のさばき終に怪我を見付ず、どこやらよき風義そなはりぬ」
② 思いがけず傷つくこと。過失によって負傷すること。また、その負傷。きず。
※虎明本狂言・痩松(室町末‐近世初)「やれおのれははしたなひ女じゃ、おこせひならはやらふ、けがをするな」
③ 思いがけない事態。不測の結果。偶然。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)五「さやうに遊ばしましたらけがで長逗留なされませふ程に」
④ 江戸時代の法律用語。広義と狭義の二種があり、前期には無意犯全部、すなわち過失犯と偶然の出来事の両者を含む広義に用いられたが、後期には過失犯だけをさす狭義に用いられた。〔禁令考‐後集・第四・巻三一(1741頃)〕
⑤ 取引相場で、損失をいう語。〔模範新語通語大辞典(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

とっさの日本語便利帳「怪我」の解説

怪我

日本ではきず、負傷。中国では自責を表す時にいう。「私のせい」。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉「怪我」の解説

けが【怪我】

[名](スル)《「怪我」は当て字で、動詞「けがる」の語幹からかという》
あやまってからだに傷を負うこと。また、その傷。負傷。
思わぬ過ち。過失。損失。「慣れないことに手を出して怪我をする」
思いがけない事態。不測の結果。
「―と申しながら、面目もござない」〈咄・きのふはけふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android