コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神宝使 だいじんぽうし

世界大百科事典 第2版の解説

だいじんぽうし【大神宝使】

天皇即位後,伊勢神宮以下諸社に神宝幣帛の奉献のため派遣される使。神祇令に即位後神祇をまつり,3月以内に大幣(おおみてぐら)をつくるべき規定がみえるが,遣使の初見は859年(貞観1),以後中世まで続く。なお寛仁1年(1017)の行事は《左経記》に詳記され,また《江家次第》は延久1年(1069)の例を載せており,そのころの儀式,奉献の神社,神宝・幣帛の内容を知ることができる。【黒板 伸夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大神宝使の関連キーワード石清水八幡宮宇佐使

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android