コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左経記 さけいき

5件 の用語解説(左経記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左経記
さけいき

平安時代中期に書かれた参議左大弁源経頼の日記。『経頼記』『糸束記』ともいう。写本で 15冊。欠けている年もあるが,長和5 (1016) ~長元9 (36) 年の記事を含み,当時の宮廷儀式,摂関政治,貴族の生活などを知るうえに貴重な史料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

左経記【さけいき】

源経頼(つねより)の日記。経頼は参議左大弁(さんぎさだいべん)の官職にあり,官職と名前の一字をとって書名とした。正しくは1016年から1035年の日記と,1029年から1036年の凶事についての記録を抄録した〈類聚雑例(るいじゅうざつれい)〉の総称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さけいき【左経記】

参議左大弁源経頼(985‐1039)の日記。名称は〈左大弁経頼〉に由来するが,〈経頼〉の偏旁により《糸束記》ともいう。中間に欠逸はあるが,1016年(長和5)から35年(長元8)に及ぶ記事が伝存し,ほかに1029年より36年の間の凶事関係記事を後人が抄出した〈類聚雑例〉がある。右大臣藤原実資の《小右記》と同時代の日記で,両者を比較対照することにより得るところ少なくない《増補史料大成》所収。【吉岡 真之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さけいき【左経記】

平安中期の参議左大弁源経頼の日記。1016年から36年までの記事を収め、同時代の藤原実資の「小右記」とともに、摂関政治最盛期の政治・儀式などを知る重要資料。経頼記。糸束記。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

左経記
さけいき

平安中期の参議左大弁源経頼(つねより)(985―1039)の日記。写本15冊。経頼の偏旁(へんぼう)を採って「糸束記(しそくき)」ともいい、左経記は「左大弁経頼記」の略称。1016年(長和5)から1036年(長元9)までの記事を含み、第15冊は「類聚雑例(るいじゅうざつれい)」と題し、1029年(長元2)から1036年までの凶事を収載する。ほかに1037年(長暦1)の記のあったことが知られるが、現存しない。この間、まま記事の欠けたところはあるが、摂関最盛期にあたり、しかも彼が弁官、蔵人(くろうど)、頭(とう)を歴任したことから、その記事は政事に関することが多く、藤原実資(さねすけ)の『小右記(しょうゆうき)』などとともに、この時代の研究上の貴重な史料である。刊本に『史料大成』本、『史料通覧』本がある。[林 幹彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

左経記の関連キーワード甘露寺勝長正親町三条実義大炊御門経敦葉室頼寿武者小路公隆堀河康綱源経頼左大弁類聚符宣抄永昌記

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone