コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左経記 さけいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左経記
さけいき

平安時代中期に書かれた参議左大弁源経頼の日記。『経頼記』『糸束記』ともいう。写本で 15冊。欠けている年もあるが,長和5 (1016) ~長元9 (36) 年の記事を含み,当時の宮廷儀式,摂関政治,貴族の生活などを知るうえに貴重な史料。『史料通覧』『史料大成』に所収

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

左経記【さけいき】

源経頼(つねより)の日記。経頼は参議左大弁(さんぎさだいべん)の官職にあり,官職と名前の一字をとって書名とした。正しくは1016年から1035年の日記と,1029年から1036年の凶事についての記録を抄録した〈類聚雑例(るいじゅうざつれい)〉の総称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さけいき【左経記】

参議左大弁源経頼(985‐1039)の日記。名称は〈左大弁経頼〉に由来するが,〈経頼〉の偏旁により《糸束記》ともいう。中間に欠逸はあるが,1016年(長和5)から35年(長元8)に及ぶ記事が伝存し,ほかに1029年より36年の間の凶事関係記事を後人が抄出した〈類聚雑例〉がある。右大臣藤原実資の《小右記》と同時代の日記で,両者を比較対照することにより得るところが少なくない。《増補史料大成》所収。【吉岡 真之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さけいき【左経記】

平安中期の参議左大弁源経頼の日記。1016年から36年までの記事を収め、同時代の藤原実資の「小右記」とともに、摂関政治最盛期の政治・儀式などを知る重要資料。経頼記。糸束記。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

左経記
さけいき

平安中期の参議左大弁源経頼(つねより)(985―1039)の日記。写本15冊。経頼の偏旁(へんぼう)を採って「糸束記(しそくき)」ともいい、左経記は「左大弁経頼記」の略称。1016年(長和5)から1036年(長元9)までの記事を含み、第15冊は「類聚雑例(るいじゅうざつれい)」と題し、1029年(長元2)から1036年までの凶事を収載する。ほかに1037年(長暦1)の記のあったことが知られるが、現存しない。この間、まま記事の欠けたところはあるが、摂関最盛期にあたり、しかも彼が弁官、蔵人(くろうど)、頭(とう)を歴任したことから、その記事は政事に関することが多く、藤原実資(さねすけ)の『小右記(しょうゆうき)』などとともに、この時代の研究上の貴重な史料である。刊本に『史料大成』本、『史料通覧』本がある。[林 幹彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

左経記の関連キーワード類聚符宣抄大神宝使在国司小仏師留守所上総国進止仏師

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android