コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大幣 オオヌサ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ぬさ〔おほ‐〕【大幣】

大祓(おおはらえ)のときに用いる大串につけた、ぬさ。祓(はらえ)のあと、人々がこれを引き寄せて身のけがれをそれに移して、川に流したという。
「―の引く手あまたになりぬれば思へどえこそ頼まざりけれ」〈古今・恋四〉
1に引用の歌から》引っ張りだこ。また、気の多いこと。
「―になりぬる人のかなしきは寄る瀬ともなくしかぞ泣くなる」〈大和・一六〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおぬさ【大幣】

大祓おおはらえに用いる大串に付けた幣。祓の後、参列の人々がこの幣を引き寄せて自身のけがれを移し、川に流した。大勢の人々が争って引き寄せることから「引く」の序として歌に詠まれる。 「 -の引く手あまたになりぬれば/古今 恋四
の古今集の歌から〕 多くの人に気を引かれるたとえ。 「我をのみ思ふと言はばあるべきをいでや心は-にして/古今 雑体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大幣の関連キーワード日吉神社(秋田市)大幣神事[宇治]等覚寺の松会大麻(神道)中川自休丹羽氏曄大神宝使糸竹大全阿倍爾閇修祓の儀大ぬさ寄る瀬大奉幣神嘗祭り県祭

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大幣の関連情報