コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神神話 おおみわしんわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大神神話
おおみわしんわ

大和三輪山の神に関する伝説。三輪山式伝説ともいう。『古事記』崇神天皇の条に,スエツミミノミコトの娘イクタマヨリヒメが美男と結婚して妊娠したが,男の素性が知れなかったので,糸を通した針を男の着衣に刺し,その糸をたどってみると,男は三輪山の神であった,という神婚説話がある。このような人間の女と通じた神の化身の話は,『新撰姓氏録』『土佐国風土記』などにもみえ,『肥前国風土記』では,男がへびの化身となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android