大祥忌(読み)ダイショウキ

  • だいしょうき ‥シャウキ
  • だいしょうき〔ダイシヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「祥」は凶服から吉服に着かえる意) 人の死後、翌々年目の命日に行なう法要。大祥。三回忌。
※空華日用工夫略集‐応安二年(1369)四月二六日「瑞泉寺玉岩大祥忌」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android