コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大縮尺図 だいしゅくしゃくずlarge scale map

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大縮尺図
だいしゅくしゃくず
large scale map

地籍図的縮尺図 cadastral scale mapともいう。縮小率が少く,詳しい表現の地図。普通は1万分の1以上の縮尺の地図をさす。実測図で平板測量によるものと,写真測量によるものがあり,最近では 500分の1程度の縮尺までは写真測量が多い。都市計画用,工事用など具体的設計に利用される。日本では,地図投影法は 17系座標が標準的に用いられ,表示する対象物はほとんど転位がなく真位置に実形で表示される。透明プラスチックベースの陽画焼コピーで各種の計画事項や設計線を記入できるようになっている体裁のものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大縮尺図の言及

【地図】より

… 地図はまた,視点をかえれば,いろいろな角度から分類することができる。たとえば縮尺という視点に立てば,大縮尺図,中縮尺図,小縮尺図などと分類できるし,作成方法という視点に立てば実測図と編集図に区分できる。さらに地図の図法(投影法)からも分類できるし,表現法からも分類できる。…

※「大縮尺図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大縮尺図の関連キーワード地籍図道路図鳥瞰図海図

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android