実測図(読み)ジッソクズ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実測図
じっそくず

地図をその作成方法によって大別したものの一つで、空中写真の図化や、地上での測量・調査の結果から直接地図としてまとめたもの。これに対して、これらの実測図や各種の資料から編集してまとめた地図を編集図という。一般に、縮尺の大きい地図は実測図であることが多く、国土地理院発行の縮尺2万5000分の1の地形図をはじめ、国土基本図や地方公共団体などでつくられる5000分の1や2500分の1などの地形図は、実測図である。国土地理院の縮尺5万分の1の地形図は当初は実測図であったが、現在は2万5000分の1の地形図を基にして編集されている。[五條英司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じっそく‐ず ‥ヅ【実測図】

〘名〙 実測した結果を直接図にあらわしたもの。縮尺の大きい地図に用いる。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実測図の関連情報