コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実測図 ジッソクズ

2件 の用語解説(実測図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じっそく‐ず〔‐ヅ〕【実測図】

実測した結果を製図したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実測図
じっそくず

地図をその作成方法によって大別したものの一つで、空中写真の図化や、地上での測量・調査の結果から直接地図としてまとめたもの。これに対して、これらの実測図や各種の資料から編集してまとめた地図を編集図という。一般に、縮尺の大きい地図は実測図であることが多く、国土地理院発行の縮尺2万5000分の1の地形図をはじめ、国土基本図地方公共団体などでつくられる5000分の1や2500分の1などの地形図は、実測図である。国土地理院の縮尺5万分の1の地形図は当初は実測図であったが、現在は2万5000分の1の地形図を基にして編集されている。[五條英司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実測図の関連キーワード分数勘状計算書実測製図器天気記号白虎通義T定規計量値危険指数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実測図の関連情報