コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵六蔵 おおくら ろくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大蔵六蔵 おおくら-ろくぞう

1576-1644 織豊-江戸時代前期の能役者小鼓方。
天正(てんしょう)4年生まれ。大蔵流大鼓方3代の大蔵虎家に大鼓,小鼓をまなび,師の養子となる。宗悦と号して一派をひらき,大倉流小鼓方初代となった。寛永21年4月26日死去。69歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は宣安。通称は別に長右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大蔵六蔵の関連キーワード田中 伝左衛門(11代目)天正

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android