コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衆文芸 タイシュウブンゲイ

デジタル大辞泉の解説

たいしゅう‐ぶんげい【大衆文芸】

大衆文学
[補説]書名別項。→大衆文芸

たいしゅうぶんげい【大衆文芸】[書名]

文芸雑誌。大正15年(1926)、白井喬二江戸川乱歩ら大衆作家11人によるグループ「二十一日会」の同人誌として創刊された。昭和2年(1927)に19号で休刊。第2次は昭和6年(1931)平山蘆江(ろこう)により復刊、通算6号で休刊。第3次は昭和14年(1939)島源四郎により復刊。いずれも大衆小説や娯楽小説の新人作家を多く輩出した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大衆文芸の言及

【雑誌】より

…《講談俱楽部》(1911)が創刊まもなくに講談師たちの反発に直面して,余儀なく作家たちに〈新講談〉を書かせたことが,思いがけず新しい読者層に応じた文芸を射当てた結果となった。大衆文芸とのちに呼ばれることになるこの新文化を少年層や婦人層に試みる《少年俱楽部》《婦人俱楽部》などを次々に創刊した講談社の野間清治は,1925年に《キング》を創刊して〈100万部の国民雑誌〉を実現し雑誌王国を完成させた。 《主婦の友》(1917)は,料理,家計など家事の実用記事を盛り,のちには有名人の教訓や大衆作家の作品を加えて,大正年間に発行部数第1位の雑誌となった。…

【大衆文学】より


[成立と多様化]
 大衆文学は成立当時,時代小説だけを指していわれていた。それは〈書き講談〉〈新講談〉〈読物文芸〉〈大衆文芸〉〈大衆文学〉と呼称が推移した過程でより明確になっていったが,基本的には近世以来の庶民文芸の伝統を復活しようとする意図の現れであり,その中核となった二十一日会の構成もまた時代小説の書き手にかたよっていた。1925年秋に大衆作家の親睦機関として創設された二十一日会には本山荻舟(てきしゆう),長谷川伸,国枝史郎,平山蘆江,江戸川乱歩,小酒井不木(こざかいふぼく),正木不如丘(ふじよきゆう),矢田挿雲,土師(はじ)清二,白井喬二,直木三十三(のちに三十五と改める)が名を連ねているが,乱歩,不木,不如丘を除く他の者は時代小説家であった。…

※「大衆文芸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大衆文芸の関連キーワードサンデー毎日大庭 さち子角田 喜久雄海音寺潮五郎隅田 満寿代神崎 武雄北町 一郎茂木 草介南条 三郎大隈 三好村雨退二郎村松 駿吉日本捕虜志石割松太郎大庭さち子中川 童二金川 太郎木村 荘十多田 裕計霜田 史光

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大衆文芸の関連情報