休刊(読み)きゅうかん

精選版 日本国語大辞典「休刊」の解説

きゅう‐かん キウ‥【休刊】

〘名〙 新聞、雑誌などの定期刊行物が、刊行を休むこと。
※時事新報‐明治二三年(1890)四月七日「時事新報が〈略〉一切の休刊を廃し、一年三百六十五日、打通しに発刊する事となしてより」
※フランス文壇史(1954‐56)〈河盛好蔵〉アポリネールとその友人たち「七、八月号をもって休刊し、それが最後の号になる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

図書館情報学用語辞典 第5版「休刊」の解説

休刊

逐次刊行物の刊行が停止されること.再び刊行され始めれば「復刊」である.出版界では,実際には「廃刊」であっても,「休刊」と表現する場合が多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android