休刊(読み)きゅうかん

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐かん キウ‥【休刊】

〘名〙 新聞、雑誌などの定期刊行物が、刊行を休むこと。
※時事新報‐明治二三年(1890)四月七日「時事新報が〈略〉一切の休刊を廃し、一年三百六十五日、打通しに発刊する事となしてより」
※フランス文壇史(1954‐56)〈河盛好蔵〉アポリネールとその友人たち「七、八月号をもって休刊し、それが最後の号になる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐かん〔キウ‐〕【休刊】

[名](スル)新聞・雑誌など定期刊行物が発行を休むこと。「新聞休刊日」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

休刊

逐次刊行物の刊行が停止されること.再び刊行され始めれば「復刊」である.出版界では,実際には「廃刊」であっても,「休刊」と表現する場合が多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android