コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井喬二 しらいきょうじ

7件 の用語解説(白井喬二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白井喬二
しらいきょうじ

[生]1889.9.1. 横浜
[没]1980.11.9. 茨城,龍ケ崎
小説家。本名,井上義道。 1913年日本大学政経科卒業。『忍術己来也 (じらいや) 』 (1922~23) ,『神変呉越草紙』 (22~24) の2つの長編忍法小説が芥川龍之介,菊池寛らの激賞を受け,『新小説』に執筆の機会を得て作家としての地位を固めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しらい‐きょうじ〔しらゐケウジ〕【白井喬二】

[1889~1980]小説家。神奈川の生まれ。本名、井上義道。斬新(ざんしん)な時代小説で文壇に登場。のち雑誌「大衆文芸」を創刊、大衆小説の普及・高揚に努めた。作「新撰組」「富士に立つ影」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白井喬二【しらいきょうじ】

小説家。本名井上義道。横浜生れ。日大政経卒。大衆文学の創始者の一人,長編時代小説《富士に立つ影》(1924年―1927年)は中里介山の《大菩薩峠》と併称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井喬二 しらい-きょうじ

1889-1980 大正-昭和時代の小説家。
明治22年9月1日生まれ。大正9年「講談雑誌」に「怪建築十二段返し」を発表してデビュー。14年直木三十五,江戸川乱歩らと二十一日会を結成,機関誌「大衆文芸」を創刊して大衆文学の発展をはかった。昭和55年11月9日死去。91歳。神奈川県出身。日大卒。本名は井上義道。著作に「新撰組」「富士に立つ影」「盤岳(ばんがく)の一生」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しらいきょうじ【白井喬二】

1889‐1980(明治22‐昭和55)
小説家。横浜生れ。本名,井上義道。大衆文学の創始者の一人であり,明朗型の人物を創造した大河小説作家として知られる。日本大学に在学中から編集,投稿に従ったが,31歳のおり《怪建築十二段返し》を《講談雑誌》に発表して以後文筆に専念した。初期には《神変呉越草紙》《忍術己来也》など伝奇小説が多かったが,《新撰組》(1924‐25)で新境地を開き,《富士に立つ影》,《祖国は何処へ》(1929‐32)で大衆文壇の先駆的存在となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しらいきょうじ【白井喬二】

1889~1980) 小説家。横浜市生まれ。本名、井上義道。伝奇的な時代小説で文壇に登場。娯楽性豊かな作品を発表し、大衆小説の質的向上にも尽力。代表作「新撰組」「富士に立つ影」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白井喬二
しらいきょうじ
(1889―1980)

小説家。明治22年9月1日、鳥取県士族井上孝道の1男3女の第2子として横浜市で生まれる。本名井上義道。鳥取県立米子(よなご)中学卒業、1905年(明治38)早稲田(わせだ)大学文科に入学。のちに日本大学政経科に転学。化粧品会社勤務後、作家生活に入る。20年(大正9)白井喬二の筆名で、時代小説に斬新(ざんしん)な趣向を取り入れた『怪建築十二段返し』を発表して注目された。24年から長編小説『新撰組(しんせんぐみ)』(1924~25)と『富士に立つ影』(1924~27)、短編小説集『盤嶽(ばんがく)の一生』(1932)を発表。早くから文芸の娯楽性を主張していた白井は、25年、娯楽小説の質を高める目的で、直木三十五、江戸川乱歩らと「二十一日会」を結成し、翌年『大衆文芸』を創刊した。35年(昭和10)直木賞の選考委員となる。61年から東京作家クラブ会長に就任。評論家としても活躍し、『大衆文学の論業・此峰(しほう)録』(1967)がある。作風は、日本在来の講談に着目した娯楽性の強い伝奇小説であり、理想的人間像を描く。昭和55年11月9日没。[酒井英行]
『『定本 白井喬二全集』全16巻(1969~70・学芸書林) ▽中谷博著『大衆文学』(1973・桃源社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の白井喬二の言及

【大衆文学】より

…しかし狭義には,この大正末期に成立した新興文学を指して大衆文学と呼ぶ。この命名者は一般には白井喬二だとされているが,白井みずからは,〈大衆〉という言葉を民衆と同義に使ったのは自分だが,それに文学をつけたのは自分ではないと否定している。
[成立と多様化]
 大衆文学は成立当時,時代小説だけを指していわれていた。…

【富士に立つ影】より

白井喬二の代表的長編小説。1924‐27年《報知新聞》連載。…

※「白井喬二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白井喬二の関連キーワード里見弴大衆小説没義道大衆文芸日本の大衆文化開放古川真治真鍋元之《現代大衆文学全集》《大衆文芸》横浜生糸売込問屋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白井喬二の関連情報