大衆集会(読み)たいしゅうしゅうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大衆集会
たいしゅうしゅうかい

大衆の意思表現形式の直接的形態の一つ。大衆がもっている政治的,経済的,社会的なさまざまな要求を,制度として確立されている正規の方法によらないで表現しようとするものであり,それはたびたび権力者などに対する抗議や示威となる。また政治団体は大衆集会において政治的な宣伝,扇動を行い,大衆の支持を得ようとする。ナチス・ドイツは大衆集会を利用して大衆のさまざまな要求や不満を排外主義的に集約することに成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android