コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衆集会 たいしゅうしゅうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大衆集会
たいしゅうしゅうかい

大衆の意思表現形式の直接的形態の一つ。大衆がもっている政治的,経済的,社会的なさまざまな要求を,制度として確立されている正規の方法によらないで表現しようとするものであり,それはたびたび権力者などに対する抗議や示威となる。また政治団体は大衆集会において政治的な宣伝,扇動を行い,大衆の支持を得ようとする。ナチス・ドイツは大衆集会を利用して大衆のさまざまな要求や不満を排外主義的に集約することに成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大衆集会の関連キーワードフェルキッシャー・ベオバハター三月革命(ドイツ)社会大衆党(沖縄)奴隷制廃止運動アリー・ハーンアラビア文学ハンバハ集会指導者国家ヒトラー街頭闘争メーデー直接行動パピノー寺院建築ラーダSA挑発

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android