大西勲(読み)おおにし いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西勲 おおにし-いさお

1944- 昭和後期-平成時代の漆芸家。
昭和19年6月30日生まれ。鎌倉彫を学んだ後,人間国宝赤地友哉に師事して曲輪造(まげわづくり)を主とする髹漆(きゅうしつ)(漆塗り)の技法を習得。石川県立輪島漆芸技術研究所で長年指導にあたるなど,技法の伝承にも尽力。受賞に平成12年日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞「曲輪造黒溜盛器」など。14年髹漆(きゅうしつ)で人間国宝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大西勲の関連情報