コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤地友哉 あかじ ゆうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤地友哉 あかじ-ゆうさい

1906-1984 昭和時代の漆芸家。
明治39年1月24日生まれ。生家檜物(ひもの)師。新保幸次郎,渡辺喜三郎に髹漆(きゅうしつ)(漆塗り)をまなぶ。昭和42年「曲輪造平棗(まげわづくりひらなつめ)」で芸術選奨。49年人間国宝。昭和59年6月30日死去。78歳。石川県出身。本名は外次。代表作に「曲輪造彩漆鉢」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤地友哉
あかじゆうさい
(1906―1984)

漆芸(しつげい)家。本名外次。石川県金沢市で檜物(ひもの)師の三男に生まれ、16歳のとき金沢の塗師(ぬし)新保幸次郎の弟子となり、(きゅうしつ)(漆塗り)を習得、1928年(昭和3)上京し塗師渡辺喜三郎に2年間師事。遠州流家元小堀宗明について茶道を修業し、また職方塗師と関係し、遠州流にちなみ友哉と号する。1956年(昭和31)第3回日本伝統工芸展に初出品、第8回展出品で日本工芸会総裁賞を受賞。1974年重要無形文化財「漆」の保持者に認定された。木工の曲物(まげもの)技法を応用した堅牢(けんろう)な曲輪(まげわ)造りの素地に塗立(ぬりたて)による上塗りを施した独得の作風をもつ。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

赤地友哉の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門増村 益城小森邦衞増村益城昭和時代大西勲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android