鎌倉彫(読み)かまくらぼり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉彫
かまくらぼり

木地に文様図様彫刻して主として朱漆を塗装した器物,調度類。本来,鎌倉市で産する漆器をいうが,同様の手法で他所で産するものもいうようになった。鎌倉時代初期,仏師康運が中国,宋の帰化人陳和卿とともに仏具を彫ったのを起源とする説があるが,確かではない。鎌倉彫が世に広まり愛好されるようになったのは室町時代で,堆朱 (ついしゅ) の代用として作られた。現在,鎌倉市の特産として知られているが,趣味の工芸としても広く行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

鎌倉彫【かまくらぼり】

漆工芸の一技法。木器に浮彫を施し,黒,朱,緑などの漆を塗ったもの。鎌倉幕府開創時に,ここに集まった工人が製作したものを後に鎌倉彫と呼ぶようになったという説と,宋の陳和卿が将来した紅花緑葉堆朱(ついしゅ)の一種)を模して運慶の孫康円法華堂の仏具を作ったのに始まるとの説があるが,平安時代から仏像に行われた光背台座の彫刻装飾,寺院建築の唐様装飾にみられる彫木彩漆法に,鎌倉・室町時代に輸入された中国の彫漆の影響が加わってできあがったと考えられる。同種のものに越前彫や小田原彫がある。
→関連項目鎌倉[市]漆器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鎌倉彫

セーラー万年筆株式会社の万年筆の商品名。本体に鎌倉彫を施したもの。「花菱文朱蒔塗」「梅文朱蒔塗」の2種類ある。

鎌倉彫

神奈川県鎌倉市、横浜市などで生産される漆器。彫刻を施した盆、箱、茶托などに漆を塗り重ね、磨いて仕上げる。国指定伝統的工芸品

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまくらぼり【鎌倉彫】

木彫漆塗器物の総称で,とくに神奈川県鎌倉市を中心に生産されている。その起源は,一説に鎌倉時代の仏師運慶の孫康円が,帰化人陳和卿と共に法華堂の仏具を彫ったことに始まると伝えられるが,鎌倉時代にさかのぼる遺例は認められない。その技法は,木地に文様を彫り,下地を施さず下塗に黒漆を,上塗には朱漆を塗るものが多い。代表的遺品には室町時代の屈輪(ぐり)大香合(金蓮寺)などがある。この手法,および古作の文様から考えると,おそらく,中国から舶載された紅花緑葉などの彫漆器(漆を厚く塗り重ねて文様を彫ったもの)の模倣,擬似彫漆器として生まれたものと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かまくらぼり【鎌倉彫】

漆器の一種。ヒノキ・カツラ・ホオノキなどの木地に、種々の彫刻をして直接黒漆を塗り、その上に朱や青・黄などの色漆を塗って仕上げたもの。鎌倉時代に宋の陳和卿ちんなけいがもたらした紅花緑葉こうかりよくようをまねて仏師康運(康円とも)が仏具を作ったのに始まると伝える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉彫
かまくらぼり

木地に文様・図柄を彫り出し、その直接の表面に漆を塗った漆工技法。またその漆器。彫木塗漆(ちょうぼくとしつ)ともいう。漆塗りの種類は、黒漆の下地に朱漆を塗る場合が多いが、黒漆のみの場合もある。近代では朱漆が半乾きの段階で真菰(まこも)(まこも墨)や油煙の粉をまいて、やや黒みがかった赤色の漆塗りが特色となっている。また朱と緑の彩漆(いろうるし)を塗り分け、ときにはところどころに金箔(きんぱく)を押し散らした彫木彩漆を含む場合もある。
 起源は明確でないが、鎌倉の地で発生したことを物語る伝説が『桜鳴漫録』(『古事類苑(こじるいえん)』産業部)にあり、これによると、仏師運慶の孫康円が宋(そう)人陳和卿(ちんわけい)とともに法華(ほっけ)堂の仏具をつくった際、これに施した漆技が始まりとある。文献上の初見としては、三条西実隆(さねたか)(1455―1537)の日記『愚記』の長享(ちょうきょう)元年(1487)8月1日の条に「堆紅(ついこう)盆鎌倉物」、同永正(えいしょう)5年(1508)8月1日の条に「盆 香合鎌倉物」、同大永(たいえい)4年(1524)8月1日の条に「居盆鎌倉物」とあり、この注記の鎌倉物とは、鎌倉でつくられた漆器を示すものと解せられる。下って鎌倉彫という名称が広く使用されたことは、江戸時代の美術事典である『万宝全書』(1694成立)に「鎌倉雕(カマクラホリ)雕物唐物(からもの)に似たれども内のつくり日本物と見ゆる也(なり)」とあることでわかる。その類似品に越前(えちぜん)彫、小田原彫(以上現在亡失)もあげられているが、唐物すなわち中国の彫漆(ちょうしつ)類に近似していることも記している。これは鎌倉彫が彫漆の模造を目的としていたからである。彫漆とは、漆を何層にも塗り重ね、そこに文様、図柄を彫刻したもので、彩漆によってその種別があり、堆朱(ついしゅ)、堆黒、堆黄、紅花緑葉(こうかりょくよう)などがある。中国でも鎌倉彫と技法が同様の彫木塗漆のものに堆紅(ついこう)、罩紅(とうこう)があるが、鎌倉彫がその影響を受けたかどうかは確かではない。むしろ、平安時代に彫木塗漆の技法があったことは、遺品や文献上からも知られ、とくに『延喜式(えんぎしき)』に彫木几案(きあん)に漆を塗ったと記されていることからも、この技法の存在が考えられる。また古くから伝わる根来(ねごろ)塗にも彫刻を施した彫(ほり)根来があり、これにも類似性が認められる。
 鎌倉彫の遺品をみると、中国の宋(そう)・元(げん)代に流行した工芸品の装飾文様や、唐風文様である牡丹(ぼたん)、梅、獅子(しし)、菱(ひし)、紗綾(さや)、雲形、屈輪、卍(まんじ)などが好んで用いられている。それは、宋・元の文化を摂取した禅宗の僧侶(そうりょ)を中心に、宗教生活に利用したことを示すものであり、香合をはじめ、払子(ほっす)、前机によく表れている。また文様の共通表現は須弥壇(しゅみだん)の腰間などの建築装飾にもみられる。
 鎌倉彫の制作者は鎌倉在住の仏師で、その副業的な製品であったが、明治以降、仏師としての仕事の需要が少なくなると、生活用具としての鎌倉彫が主流化した。今日でも伝統を受け継ぐ鎌倉仏師の三橋(みつばし)家、後藤家、伊沢家が鎌倉彫の流派をたてて、それぞれ盛況である。とくに第二次世界大戦後、一般婦人の趣味の工芸品として個人教授や教室によって普及したが、組織的には、鎌倉彫会館が建設され、協同組合が結成され、通産省(現経済産業省)の「伝統的工芸品」に指定され、産業的に盛んになった。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鎌倉彫[漆工]
かまくらぼり

関東地方、神奈川県の地域ブランド。
主に鎌倉市で製作されている。鎌倉時代、中国から伝わった彫漆品の影響を受けた仏師や宮大工たちがその意匠をもとに、新たな木彫彩漆の儀式具や調度品をつくり始めた。手彫りで表現された刃跡の繊細さや塗り重ねられた漆の潤いのある光沢に特徴がある。花鳥風月の自然を題材にしたデザインで、立体感のある彫刻が多い。1979(昭和54)年1月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の鎌倉彫の言及

【鎌倉時代美術】より

…この様式が奈良時代様式への復古なのか,また新しい中国宋代様式の影響なのか議論の分かれるところである。なによりもこの像が鎌倉彫刻を主導する康慶や運慶の様式に通ずる点が重視されよう。1176年(安元2)の奈良円成寺の大日如来像(運慶作)や1177年(治承1)の静岡瑞林寺の地蔵菩薩像(康慶作か)などが遺品として続く。…

【根来】より

…彫根来は木彫黒漆地朱漆塗の手法によるもの。いまいうところの鎌倉彫と異なるところがない。おそらくは黒地朱漆塗仕上げであるところからその名が生まれたのであろう。…

※「鎌倉彫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎌倉彫の関連情報