大谷光紹(読み)おおたに こうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷光紹 おおたに-こうしょう

1925-1999 昭和-平成時代の僧。
大正14年3月9日生まれ。大谷光暢の長男。昭和44年にはじまった「お東(ひがし)さん紛争」で,宗門改革派の象徴門首制度の採用に反発し,56年東本願寺東京別院を真宗大谷派から離脱させる。63年浄土真宗東本願寺派を結成,「東本願寺第25世法主」を名のった。平成11年12月24日死去。74歳。京都出身。京大卒。法名は興如(こうにょ)。号は愚苑。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android