コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷光紹 おおたに こうしょう

1件 の用語解説(大谷光紹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷光紹 おおたに-こうしょう

1925-1999 昭和-平成時代の僧。
大正14年3月9日生まれ。大谷光暢の長男。昭和44年にはじまった「お東(ひがし)さん紛争」で,宗門改革派の象徴門首制度の採用に反発し,56年東本願寺東京別院を真宗大谷派から離脱させる。63年浄土真宗東本願寺派を結成,「東本願寺第25世法主」を名のった。平成11年12月24日死去。74歳。京都出身。京大卒。法名は興如(こうにょ)。号は愚苑。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大谷光紹の関連キーワード清水公照辻邦生大家裕河上民雄木下航二後藤仁郎高橋大造築島裕寺島珠雄山本悟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone